弁護士紹介

浅川 敬太

浅川 敬太(あさかわ けいた)

アソシエイト弁護士


大阪府河内長野市 出身

私立東大寺学園高校 卒業
大阪大学医学部 卒業
大阪大学法科大学院 修了
2019年 弁護士登録(修習72期)

日本救急医学会 救急科専門医
日本外傷診療機構認定 JATEC™インストラクター
日本医師会認定 産業医

ご挨拶

一般民事(契約・事故)、家事(離婚・相続等)、労働、企業法務をはじめ、取り扱い分野の限定なく、さまざまな事件に対応しています。
また、弁護士になる前は、救急医として臨床の最前線で働いてきました。急性期医療から、在宅・慢性期医療、精神科まで幅広い実務経験があります。
ですので、医学的知見が必要となる事件や、医療法務(医療訴訟、事故・過誤対応、医療法制、医療法人運営、産業医等)のご相談には、とりわけ高い専門性を発揮して対応しています[患者側、医療機関側の双方]。
依頼者から困りごとの解決を任されることは、本当に責任があることです。その重い責任を引き受け、どのような事件についても最良の解決を実現することに尽力しています。

主な活動

大阪大学法科大学院 非常勤講師(特殊講義C(法医学))(2022年~)

講演・セミナー

「一般科救急における身体拘束の現状、拘束の法的の側面」(一般社団法人大阪精神病院協会主催)
「弁護士から見た『診断書』作成の留意点」(近畿救急医学研究会(日本救急医学会近畿地方会)主催)
「救急医療における転医義務について」(近畿救急医学研究会(日本救急医学会近畿地方会)主催)
「医師におけるパワハラ問題を正しく理解する」(日本救急医学会主催)
「裁判実務における法医学者の関わり方~保険金支払実務を中心として~」(文部科学省 基礎研究医養成活性化プログラム(法医学者育成事業)主催)

ページトップへ